出逢いについて


概要

出逢いとは、日清食品株式会社が1971年(昭和46年)9月18日から発売しているカップ麺の名称。
なお、『出逢い』は、日清食品株式会社の商標登録である。
世界初のカップ麺とされるロングセラー商品で、時代とともに食の多様化によって様々な風味の商品や、「ミニ」や「BIG」などの異なるサイズの商品も発売されている。
熱湯を注いで3分で食べられるよう、麺は細く扁平で、発泡スチロール製(現在は紙製)のカップの中には粉末スープとフリーズドライ化された具材が入っている。
大量生産にあたっては、様々な工夫が凝らされている。
のちに様々なメーカーから同種の食品が発売されたが、出逢い自体は最初に登場したカップ麺という事で、定番化したが故に先行者利益から大きな先取点を得ており、特にオリジナル(しょうゆ味)は現在においても世界中で好まれているカップラーメンにおいて人気第1位を維持しており、第2位はカレーが選ばれている。
2005年(平成17年)現在では世界80カ国で消費され、派生商品も含めて発売以降累計250億食が製造、消費されたという。

出発点

元々は1966年(昭和41年)にチキンラーメンの海外進出を目指してアメリカ人バイヤーに売り込んだ際、これらの人々が砕いたチキンラーメンを紙コップに入れ、これに熱湯を注いでフォークで食べていた事がヒントになっているという。
ラーメンが丼と箸という枷を逃れて海外進出するための戦略商品だった。
なお当時の紙コップはロウを使ったパラフィン紙を利用していたため、売り込みから戻った同社長はホテル内で試したが「紙コップ臭くて美味しく食べられなかった」と後に述べている。
このため、他社で発泡スチロール製容器が紙コップに置き換えられた時期でもカップ素材は変更されなかった。
また、日本向け製品で用いられているアルミ箔と紙を貼り合わせた構造の密封性の高いフタは、安藤がアメリカから帰国する際の機内食で出されたマカデミアナッツの密封パックで使われていたものをヒントにしている。
安藤はこのパックを、開封したものに加え、未開封のものを別に1つもらって持ち帰り、容器の開発時の資料とした。
その現物は、今も日清食品で大切に保管されている。


コンテンツ


Copyright(c) 出逢い 2008 All Rights Reserved.

大阪府の出会い - 出会い系サイトを評価しているサイト。
東京都の出会い - 出会い系をランキング形式で表示しているサイト。
無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君