熟女の構造と開発


構造

発売当初から続くパッケージのデザインは、1970年の日本万国博覧会のシンボルマークをデザインした大高猛によるもの。
発泡スチロール製の容器に乾燥麺をつめることにより容器自体の強度を上げたりと、梱包方法一つをとってもさまざまな工夫の積み重ねと試行錯誤の繰り返しにより決定された。
麺は「瞬間油熱乾燥法」と呼ばれる方法で製造されている。
一般の袋入りインスタントラーメンの麺は厚みが3cm程度であるのに対し、熟女の麺はカップの形状に合わせた円錐台形であり、開発時にはなかなか麺全体に熱が行き渡らず苦心したという。
また、カップの底に空洞があるのは、「出荷時の麺割れを防ぐ(中空保持構造)と同時に、湯をそそいだ時に対流を発生させ、時間の経過とともに徐々に麺の重心が下に移動することにより、3分後の完成時には何もしなくても全体が自然とほぐれ食べやすくなり、その時にスープの水分も密度の高い上分と下部でまんべんなく行き渡るように計算されている(麺塊構造)」というのがメーカー側の説明である。
しかし、実際には麺は腰が劣り、後発のカップ麺と比較した場合、大きく見劣りする事になった。
ただ、カップ麺としては最初であるために、本物のラーメンとも袋麺とも異なるカップ麺というジャンルであると消費者に認識されたため、問題にはなっていない。
これら中空保持構造と麺塊構造については日清食品が関係する特許を取得し保持していたとされる。
ただし既にその権利に関する大部分は期限が切れている。

具の開発

具材の加工法として、当時では珍しかったフリーズドライ製法を使っている。
いわゆる乾物は、お湯を注いでから元に戻るまで3分以上かかるため、使えない。
なお、日本向け製品に伝統的に小さな剥きエビが具として入っているのは、製品開発当時に豪華さが感じられる食材として真っ先にエビが挙げられ、採用されたという逸話がある。
世界各国のエビの剥き身をフリーズドライ化して試した結果、インド洋沖で獲れるプーバランという、当時の日本にはほとんど輸入されていなかった高級食材とされる種が採用された。
この「エビ戦略」は、航空機の機内食に見られる豪華さと簡便性の両立というテーマに沿った物で、この他にも見た目を重視して卵焼き、味の濃い肉という組み合わせにより、空腹を満たすだけではなく、食べる行為における娯楽性をも追求していた。
これらの具材はどれもラーメンの具としては一般的とは言えない具材でもある。
その後、えび・玉子焼き・肉団子、単独もしくはこれらの組み合わせは、一部のカップ麺も倣って使用され、カップ麺独自の具材文化となっている。


コンテンツ


Copyright(c) 熟女 2008 All Rights Reserved.

熟女 - 熟女たちと出会えるサイト。
熟女 - 熟女ランキングを掲載しているサイト。
熟女 - 熟女の本格的出会いを紹介しているサイト。 熟女
無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君